旅行

大学生のうちに一人旅を!一人旅の魅力や楽しむための準備を紹介!

ようこそ!

大学生ブロガーのけいです!

 

今回は「大学生の一人旅」についてじゃな。

ニャ助

 

そうなんです!ニャ助どの!

 

この記事を読んで、一人旅に興味を持ち安全な国に楽しく一人旅をする人が出てきたらとても嬉しいです!

 

でも、なんで大学生に絞ってるんだ?

ニャック

 

僕が、会社員の方ではなく「大学生にフォーカス」した理由はこれです。

一人旅を大学生に勧める理由

  • 大学生の生活は作業になりがち
  • 大学生は人生を左右する分岐点
  • 時間がある
  • 自分の将来の道を考えだす時期

 

大学生は、「学校、バイト、課題、寝る」という風に日々の生活が作業になりがち

大学生は、これからの人生を左右する就職を考えないといけない時期。

大学生は、時間に余裕ができがち。

大学生は、自分の将来について不安に思ったりしだす時期。

 

これらの理由から「大学生」に一人旅を強く勧めます!

 

記事の内容

  1. 「一人旅」という言葉が自分とは縁がないと思ってしまう理由
  2. 一人旅の魅力
  3. 一人でも安全な国5選
  4. 楽しさを何倍にもする準備
  5. まとめ

 

一人旅には憧れる

しかし、なかなか踏み出せないという方が大勢いると思います。

 

なので、初めに「一人旅に踏み出せない謎!」を解明していきましょう!

  

けいくんってどんな人?

 

 

「一人旅」という言葉が自分とは縁がないと思ってしまう理由

一人旅に踏み出せません…

ポチ

 

こう思っている人って結構多いと思います。

でも、よくよく考えてみるとこれって本当に踏み出せない人が悪いんでしょうか?

 

いえ、まったく悪くないんです。

なので、踏み出せないことについて考えるのはやめましょう!

 

それでは踏み出せない理由を見ていきましょう!

 

 自分の周りにする人がなかなかいない

 日本人は「周りに合わせる」という習性があります。

なので、周囲に「一人旅」をする人がいなかったら当然自分も行きません。

 

もし、行くとしても「家族」「恋人」「友達」と一緒に行くでしょう。

 

  • 日本人の周りに合わせるという性格
  • 日本人に一人旅をする人が少ない

この2つが一人旅に踏み出せない原因としてあります。

 

日本の教育方法のせい?

日本の教育は「周りと同じことを無難にこなす」という教育方法です。

この教育方法は問題視されていて、教育方法のせいでスティーブ・ジョブズのような偉大な事を成し遂げるような人が日本から出ないといわれています。

 

この教育が、一人旅の邪魔をしています。

 

日本の治安の良さも原因の一つ

日本の治安の良さは有名ですよね。

これは、周りの国は日本より治安が悪い。と捉えられます。

 

治安がいい日本で育ったからこそ一人旅に対する「恐怖」というのは存在します。

この、怖いというのは決して悪い事ではありません。
むしろ、この感情は必ず持っていてください。

しかし、日本より治安の良い国も存在します

この「怖さ」が原因で踏み込めない人は後で紹介する国がおすすめです!

 

一人旅には魅力がいっぱい

一人でも安全な国5選

日本はとりあえずどこでも安全なので、今回は海外の安全な国を紹介していきます!

安全な国はたくさんありますが、安全で僕がオススメする国5選です。

 

安全な国5選

  1. アイスランド
  2. デンマーク
  3. シンガポール
  4. マレーシア
  5. 台湾

 

この5つを紹介させてもらいます!

 

アイスランド

 

アイスランドは治安が一番良い国で有名です!

治安が気になって一人旅に出れない方にオススメの国ですね。

 

アイスランドの見どころ

  • 9月から3月にかけてのオーロラ鑑賞
  • 世界最大の露天温泉ブルーラグーン
  • 大自然の絶景「ゴールデンサークル
  • 冬季には幻想的な青の世界が広がる氷の洞窟

 

「オーロラ」や「ゴールデンサークル」「氷の洞窟」のような大自然の観光スポットが有名です。

アイスランドは「火山」「氷河」が存在します。
このことからアイスランドは「火と氷の国」として知られています。

 

デンマーク

世界一幸福度の高い国で有名な国です。

映えの世界が広がっています。
写真が好きな方にオススメの国です!

 

デンマークの見どころ

  • カラフルな建物が並ぶ「ニューハウン
  • 世界最古のテーマパーク「チボリ公園
  • レゴの発祥地「ビルン」にあるレゴランド

 

童話作家のアンデルセンを生んだ「おとぎの国」として有名な国

日本とは全く違った世界観を味わえます!

 

シンガポール

 

世界有数の金融センターへ発展を遂げた都市国家で、近未来的な建築物がとてもきれいです。

様々な人種が暮らす「他民族国家」で日本人も多いので、安心できるところもあります!

 

見どころ

  • 誰もが知っているマーライオン
  • USJならぬUSS(ユニバーサル・スタジオ・シンガポール)
  • 未来の植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
  • 夜の世界に広がる「光と水のショー

 

シンガポールが個人的には一番好きな世界観です。

とくに、「光と水のショー」が最高です。

規模がでかすぎて、まるで世界全体でこのショーが開催されているのかと錯覚するほどです。 

 

マレーシア

 

マレーシアは日本との時差1時間とほぼ何も変わらない時間で生活できます。

気温が常に30°前後と常に暮らしやすい環境になっています。

 

見どころ

  • マレーシアの象徴「ペトロナスツインタワー
  • ヒンドゥー教の聖地「バトゥ洞窟
  • 東洋の真珠「ペナン島

 

最近マレーシアは移住先としても注目されています。

「移住」を考えられるほどの国です。
一度見ておくのもいいですよ!

 

台湾

台湾は世界一の親日国!

気軽に旅行に行ける国の一つですね!

 

見どころ

  • 日本人の観光客も多く訪れる「九份
  • 101階建て508メートルもの高さを誇る「北京101
  • 台湾グルメが格安で楽しめる「士林夜市」

 

日本人観光者が多いので比較的気楽に行けますね!

料理がおいしいので、お腹を空かせていきましょう!

 

楽しさを何倍にもする準備

一人旅で準備をしなかったら損する物を紹介していきます!

この準備ができてると予定通り楽しめ、最高の一人旅にできます!

 

一人旅を楽しくする準備

  1. 自分専用のカメラ
  2. 多少の英語力
  3. 絶対に行きたいところの予約
  4. 時間
  5. 最小限の荷物で

 

自分専用のカメラ

スマホがあるからカメラなんていらない。
自分もそっち側でした。。。

しかし、いざ景色を撮ろうとすると何か物足りない気持ちになるし、周りはちゃんとしたカメラを持ってるし

一人旅にカメラは必要だと感じました。

多少の英語力

これに関しては憧れです。

英語。話せたらかっこいいな。

ニャルピン

  

絶対かっこいいですよね。

それに一度海外に行くと、かっこいいに加え、英語で海外の人とコミュニケーションを取りたいという考えが出てきます。

これを機に英語を多少話せるようになってみましょう!

絶対に行きたいところの予約

一人旅に行くとなれば絶対色々調べますよね!

「ここ行きたい!ここも行ってみたい!」

いざ行ってみて予約が必要なほど人気で結局いけない
なんてなるとその後の旅行テンション下がりますよね。

こうならないためにも予約が必要そうなところは予約しておきましょう!

時間

時間には余裕をもって行動しましょう!

せっかくの一人旅なんですから仕事のスケジュールみたいに時間に追われるのは嫌ですよね。

どうせならゆったり余裕のある自分を満喫しましょう!

最小限の荷物で

一人なんだししっかり準備しないとな!

ニャック

 

確かにそうなんですが、要らないものは持って行かないようにしましょう!

特に自分の世界に入り込んでしまうようなもの。
(※イヤホンなど)

その土地にはそこでしか見れない物、そこでしか聞けない音があります。

一人旅を最大限楽しめるように、自分の世界に入ってしまうようなものは家に置いてきましょう!

  

これらは基本の準備です。

人には人それぞれの準備が必要だと思うので、自分に合った準備をしていきましょう!

それでもこれでもこれだけは忘れずに!

「一人旅」を楽しめる準備をしよう!

 

まとめ:一人旅のことを少しでも考えたら準備START!

一人旅。楽しそう。

ニャルピン
けい

すぐ行きましょう!

 

一人旅か。いつ行こうかの。

ニャ助
けい

今行きましょう!

 

一人旅?何それ。

ポチ
けい

ハイ!いきましょう!

 

一人旅という単語が思い浮かんだらすぐ準備に取り掛かりましょう!

学生生活の時間は有限です。

 

学生が終われば学生生活での一人旅はもうできません!

学生一人旅」実現しましょう!

 

Let's 「学生一人旅」

-旅行
-,